恥ずかしさを振り切ってVIOラインを処理してもらおう

VIOラインというのをご存知ですか?脱毛をする場合はぜひ知っておきたい部分です。
かいつまんで言えばアンダーヘアーのことで、除毛する部分によって名称が変わります。
また、施術の仕方も少し変わったり、店によっては出来る場所が限られる場合もあるので、まずは軽く知識を蓄えておきましょう。

VIOラインとは?

VIOというのは、毛の流れや方向、部位を指します。
読み方はそのままブイ・アイ・オーと読みます。
・Vライン
Vラインとは一般的に「ビキニライン」と呼ばれている部分です。
わかりやすく言えば、下着は三角形の形をしていますよね?その三辺をVラインと呼んでいます。
脚の付け根とお腹と股間の間の部分を言います。
下着や水着を着用したときにアンダーヘアーがはみ出していてはとても恥ずかしいですよね。
そう言った時に利用したい脱毛です。
また、VIOの中では一番施術希望が多いのではないでしょうか。
・Iライン
Iラインは股の間の直線ラインを指します。
こちらも下着や水着を着用するときに気になってしまう部分になります。
また、きちんとお手入れをしなければ生理のときなどにも困るので出来るだけ整えておいた方がよいでしょう。
一番デリケートな部分になるので、とても痛みを感じると言われています。
現在では痛みを抑えた施術も行われているそうなので、よく探してみましょう。
・Oライン
Oラインはおしり周りです。
人によっては不要だと言うかもしれませんが、その逆もあり、とても気になる場所となっているようです。
また、こちらもIラインと同じくやや強く痛みを伴います。

恥ずかしいから行けそうにない…

VIOラインの施術に関して一番多いお悩みではないでしょうか。
気になるのに思い切りでできずに先延ばしになってしまっている人も多いと聞きますが、デリケートゾーンの処理は一人でするには限界があります。
また、現在では施術を受ける人が少しでも恥ずかしくないようにと配慮してくれているお店が多くなっています。
そして経験者は「一度やってみると意外と平気になる」という人が多く居るようなので、まずは思い切って施術を受けてみましょう。
女性同士でも恥ずかしい場所になるVIOラインですが、だからといってお手入れをしない訳にはいきません。
自分でのお手入れだと怪我をしたり色素が沈着して黒ずんでしまったりする可能性もあるので、できれば専門店に行ってほしいものです。

  « 前の記事: を読む